MENU

睡眠薬の色々な種類

睡眠薬の種類

睡眠薬と聞くと恐ろしいといったいまいち良くないイメージを持つほうが多くいらっしゃいます。

 

見方だけで規則正しい睡眠薬に関する知識を持っていない方も多いだ。まずは、睡眠薬にはどんな種類があり、どの様な役割や効果があるのでしょうか。

 

それでは、睡眠薬を規則正しく知ろう

日本では、不眠症に耐えるお客について、睡眠薬が使用されている比はいまいち激しくありません。

 

睡眠薬によっておる男性は約3.5パーセント、女性でも約5.4%となっており、各人の先入観として、「睡眠薬は怖い薬」「寝酒のほうが安泰」といった間違った知恵から、寝酒によるほうが沢山居る。

 

また、睡眠薬において恐怖心がある結果、不眠症を診療せずに放置していたり、寝酒に頼るといった手段を取られていました。

 

睡眠薬をふさわしい知識を持って規則正しく使用する事で、眠れない辛さから提供されて、暮らしが改善されるのです。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

主に選べる睡眠薬

不眠症の診療について、睡眠薬による不眠症のトラブルは、ウィークに3回以来不眠症があり、そのステップが4ウィーク以来続いており、昼間の努力にバリヤが出ている事例、診療の向けとされています。

 

むかし、バルビツール酸系の睡眠薬がメジャーでしたが、こういう睡眠薬は続けて使用した事例、徐々に効力が弱くなって仕舞う耐性や、睡眠薬を飲まないといった寝れなくなって仕舞う拠り所性が起こりやすかったのです。

 

また、効かないからと言って摂取ボリュームを増やしてしまうと、寝ている途中に息が抑えられてしまい、大事に罠を及ぼす事もありました。

 

睡眠薬がこわいといった先入観は、この時代の睡眠薬の先入観が残ってしまっていらっしゃるのでしょう。

 

現在では、バルビツール酸系の睡眠薬よりも副作用が抑えられたベンゾジアゼピン受容人体稼働薬や、メラトニン受容人体稼働薬などへチェンジしています。

 

ベンゾジアゼピン受容人体稼働薬

ベンゾジアゼピン受容人体稼働薬は、活溌な脳の努力を和らげる事で、眠り易い状態に行う。

 

ベンゾジアゼピン関連睡眠薬の役割としては、情動やモチベーションなどを取り締まる事です、脳の大脳辺端関連と呼ばれる事に呼びかけます。

 

大脳辺端関連における、GABA(ギャバ)受容人体にうったえる事で、情動やモチベーションなどを収拾させ脳の努力を抑える事で眠り易いステップに行う。

 

睡眠薬の機構を通じて、ベンゾジアゼピン関連睡眠薬と非ベンゾジアゼピン関連睡眠薬に動機付けられます。

 

ベンゾジアゼピン関連睡眠薬は、催眠役割以外にも抗苦しみ役割や筋弛緩役割があります。

 

快眠のクォリティーでは、ノンレム快眠の立場2を足し、立場3、4というレム快眠を抑制する役割を持っています。

 

非ベンゾジアゼピン関連睡眠薬は、ベンゾジアゼピン関連睡眠薬に対して、抗苦しみ役割や筋弛緩役割が小さ目で、ノンレム快眠の立場3、4といったレム快眠を抑制しない結果、自然に間近い快眠結末を得ることが可能です。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

4種類の役割ターム

薬剤の血中濃度が最高値へ達した先々、なかばまで低下するまでのタームの長さを半減期と言います。

 

ベンゾジアゼピン受容人体稼働薬は、半減期にて4つのタイプへと分類されます。

 

超短時間役割様式

2ターム~4タームの半減期で少ない役割の睡眠薬だ。主に寝つきが悪いなどの、入眠障害の方に使用される睡眠薬だ。

 

・非ベンゾジアゼピン関連睡眠薬
根源:ゾピクロン   銘柄:アモバン
根源:エスゾピクロン 銘柄:ルネスタ
根源:ゾルピデム   銘柄:マイスリー

 

・ベンゾジアゼピン関連睡眠薬
根源:トリアゾラム  銘柄:ハルシオン

 

短時間役割様式

6ターム~10タームの半減期とたいして少ない役割の睡眠薬だ。入眠障害以外にも、中途覚醒や熟眠障碍の方に使用される睡眠薬だ。

 

・ベンゾジアゼピン関連睡眠薬
根源:エチゾラム   銘柄:デ黙殺
根源:ブロチゾラム  銘柄:レンドルミン
根源:リルマザホン  銘柄:リスミー
根源:ロルメタゼパム 銘柄:エバミール、ロラメット

 

中役割様式

20ターム~30タームの半減期といったたいして長い役割の睡眠薬だ。早朝覚醒や熟眠障碍の方に使用される睡眠薬だ。

 

・ベンゾジアゼピン関連睡眠薬
根源:エスタゾラム   銘柄:ユーロジン
根源:ニトラゼパム   銘柄:ネルボン、ベンザリン
根源:ニメタゼパム   銘柄:エリミン
根源:フルニトラゼパム 銘柄:サイレース、ロヒプノール

 

長年役割様式

50ターム~100タームの半減期で長い役割の睡眠薬だ。早朝覚醒や熟眠障碍の方に使用される睡眠薬だ。

 

また、苦しみを統べる抗苦しみ役割が手強い結果、昼間の苦しみを切り詰める効果があります。

 

・ベンゾジアゼピン関連睡眠薬
根源:クアゼパム   銘柄:ドラール
根源:ハロキサゾラム 銘柄:ソメリン
根源:フルラゼパム  銘柄:ダルメート、ベノジール

 

薬効果は入れ替わりステップを通して、個人差がおっきい結果、トラブルに合せた睡眠薬を選ぶ必要があります。

 

メラトニン受容人体稼働薬
メラトニン受容人体稼働薬は、メラトニンの受容人体へうったえる事で、脳って人体を快眠ステップする働きがあります。

 

メラトニンは体内時計とも呼ばれているホルモンで、視交叉前述源(しこうさじょうかく)には、メラトニン受容人体があります。

 

その中でも、体内時計を備える受容人体って、入眠作用がある受容人体に働きかける結果、通常熟睡へと誘導する役割があります。

 

ベンゾジアゼピン受容人体稼働薬と比較すると、抗苦しみ役割や筋弛緩役割がない結果、そこそこ軽々しい不眠症に使用される睡眠薬だ。

 

睡眠薬ランキングはこちら