MENU

夫人にとっての睡眠薬

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

レディースにとっての睡眠薬
女性が睡眠薬を服用する前に気を付けなければならない場所があります。

 

睡眠薬の中には、プロラクチンと呼ばれるホルモンを増やして仕舞う実行を持つ種類があるのです。

 

プロラクチンが増加する事で、高プロラクチン血液症を発症してしまった場合、生理不順や無排卵月経といった症状を引き起こしてしまう場合があります。

 

原因となる、プロラクチンを増加させて仕舞う睡眠薬は、原材料:ラメルテオンを配合した睡眠薬で、ブランド:ロゼレムだ。

 

ロゼレムを服用している全ての方が、高プロラクチン血液症を引き起こしている訳ではありません。やはり、ロゼレムを通じていてまったく最適方も多数います。

 

その為、ロゼレムを服用する事で、一部のレディースへ妊娠、不妊、生理不順辺り、様々な影響を与えて仕舞う懸念があります。

 

殊に、不妊治療など行ってある最中には、ロゼレムの摂取を控えたほうが良いでしょう。

 

気になる場合は、病院でプロラクチンの結果を測定して買うことが可能ですので、ロゼレムの影響かなど調べて頂くのも良いでしょう。

 

睡眠薬,処方,通販,市販,副作用,種類

 

妊娠時、授乳時の場合は、原則として睡眠薬を遠ざける
ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、副作用としてその原材料が胎盤を通り易くなっている結果、妊娠ターム時や乳を通じ授乳期間中に服用してしまうと、胎児や赤ん坊への影響があると言われています。

 

その為、原則として妊娠時や授乳時の場合、睡眠薬の摂取は遠退ける必要があります。もちろん、市販で並べる睡眠導入剤なども同様に摂取は控えて下さい。

 

妊娠中に服用する事で、薬剤が胎盤を町胎児へという影響が出てしまった場合、奇形児が生まれて仕舞う懸念があるのです。これを、催奇見た目性(さいきけいせい)と言います。

 

妊娠4週間未満まで服用していた場合は、胎児への影響は心配しなくても良しと言われています。

 

その後妊娠4週間~16週間までのタームは胎児の腹心や心臓、目線や鼻などの体のメイン五臓や、主体怒りなどが形成される時分となっているので、殊に注意が必要です。

 

それ以降の時分は、胎児毒性の影響が考えられます。臓器支障や、羊水分量が減ってしまったり、陣痛を抑えたり反対に促進してしまったりなど、様々な影響が考えられます。

 

眠れないからと言って、妊娠中に睡眠薬を服用するのは絶対にやめましょう。

 

睡眠薬ランキングはこちら